竹小舞

いよいよ始まりました。

土壁を塗る為の下地作り

木のぬきを下地に、女竹、縦て、横と竹を編んでいきます。

棟梁は、屋根の三角になる、一番手間のかかる所からいつもスタートします。

組めるとこんな感じになります。

嫁さんも来てくれました。

今年入った若い衆もやります!

岩ちゃんもやりにくい所からスタートです。

女竹(丸)を組み、縦を入れて縄で編んで止めて行きます。

木の貫の所も縛って行き竹をがっちり固定します。

こんな地道な作業があり、土壁を塗って行きます。

揺れを軽減して、調湿効果で、生活しやすい建物に少しづつなって行きます。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です