いよいよ竹小舞・・・土壁下地

豊橋祭りも終わり、少しばかり体調を崩している棟梁です。

さて、棟梁がいない間に、現場は進んでいます。

筋交い、間柱、貫きが入りいよいよ、壁土を塗る為の下地、

「竹小舞」を編んでいきます。

新城にある竹屋さんから、竹を仕入れて来て編んでいきますが、

今年に入って、竹小舞を買いに来たお客さんは、

棟梁を含めて3人目だそうです。

本当に、土壁をしなくなったのが悲しい現実問題です!!

20数年来のお付き合いの竹屋さん、東三河では竹小舞はここにしかありません。

いい物が無くなって行く時代・・・でも頑張って残し続けたいです。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です