野物・・・小屋組みの墨付け

こんな風に墨付けをします。

少しわかりずらいですが、こんな感じで一本一本一か所づつ、

墨付けをして行きます。

こんな風に棟梁の手元にひかり板が打ってありますが、

木の癖を取ってあるので、後は上端の線をお互いの差し金に沿って、

墨坪から出る糸で癖を抜いて線を描きます。

これで一か所終わり、大工さんによっていろいろとやり方が違うかも分かりませんが、棟梁の所では先代の時代からこのやり方です。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です