床が組み・・・

屋根工事ももう終わります。

屋根の荷重もかかった所で、床組みをしています。

棟梁の所では、剛床工法はしません!

理由は直接棟梁に聞いて見て下さい。

なので、ネタを並べて、ステバリをして、

化粧床(フローリング)を貼ります。

床組みが出来てきた所で、白蟻工事をします。

ネタの大きさは、いつもの45mmx95mmの桧のネタです。

土間のコンクリートと、尾引とをかならずボルトで緊結します。

こうする事で、少しの木の縮みがあっても、床なりが軽減できるからです。

こんな細部も丁寧に、仕事をするのが、棟梁のやり方です。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です