台風直撃前にサッシがはまりました。

台風直撃前にサッシがはまり外壁の下地打ちが終わり、ほっとしています。

この台風、大変まれな動きをしているので、皆さん十分気を付けてください。

そんな訳で、現場の進捗状況はこんな感じです。

最近、造作の順番が変わり、サッシを入れてから、床組みをするようになってしまいました。

雨が降っている時に床貼りをしていると、家の中に雨が入ってしまい、

せっかく乾燥した材料が濡れてしまう事を、指摘されてしまい、先にサッシを入れる事になりました。

差し鴨居を先に入れている為に、捨てのシキイを入れればサッシも取り付くというようにしてあるのも要因です。

建具が入っていれば安心して雨降りも仕事が出来るという事が仕事の能率もアップします。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です