床柱・・・加工2

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

建前に必要な材料を加工で来てホッとしている棟梁です。

明日から、加工が終わったので材料を運びます。

昨日の続き・・・

床柱にこれと同じものが取り付きます。

柱に、差し鴨居の癖をつけて、穴掘りです。

こんな風に、差し鴨居が入る様に加工します。

これが床柱に取り付きます。

先日、プロフェッショナルで、数寄屋の大工さんが、樹齢150年の梅ノ木に、

床框を、付けていましたが、棟梁も同じような事をしていますが、少し楽だったような気がします(笑)

取り付けが終われば、加工した所が傷まないようにこうやって養生しておきます。

そして、紙を包んで終了です。

建前の時にうまく付く事を祈っています。

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です