断熱材が入れ終わると、天井貼りへ・・・

下地が組み終わり、天井断熱が入れ終わると、天井を貼って行きます。

世間は、プラスターボードを貼ってクロス工事になりますが、

棟梁の所では、無垢材を貼ります。

多い貼り方は、杉板貼りが多いですね。

世間にあまり流通していない板の幅で、天井を貼って行きます。

この板何が違うって、白い板なんです。

何って、杉の白い所だけの板なんです・・・

これが結構貴重な板なんですよ。

その貴重な板を惜しげもなく使います!

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です