南京のキリヨケ加工

建前の準備も出来て、造作材の加工を始めたんです。

玄関ポーチと、居間の掃き出し窓の上に付けるキリヨケの加工を始めました。

リンクをしておきましたので、どんな感じになるか見て見て下さい。

2月に北山杉の里に行って来て仕入れて来た南京です。

横たわっているのが桁、上になっているのが支える腕木になります。

丸い物と丸い物とをくっつけるので、棟梁はこのようにコンパスを使います。

ケガキをして加工するとこんな感じに加工できます。

この現場は、6本の取り付けだったので、若い衆と3本づつの競争でした!!

現場ではなく、作業場で出来る加工も沢山あるので、

よく言われる・・・雨降りもちゃんと仕事をしていますよ~!!

                 棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です