家を造る!

家を造る!

棟梁の所では、材木(木)を持って来て、

皮を剥いて、墨を入れ、加工して、一軒の家を造って行きます。

時代遅れ・・・そんな言い方をされる方もいますが、

技術の伝承が、なおざりにされている時代に、

次の世代につなぎたい、そんな思いから、やり続けたいと思っています。

4月からは、若い衆が入社してくる予定です。

そんな若い衆にも、この技術伝承できたらいいなと思っています。

丸太を製材してもらい表面をきれいに電気カンナで削ります。

水平器で水平を取って、木の下にキャンバーを掛けます。

水平器の真ん中に気泡が来るようにカンナで削ります。

木と木が当たりあう所すべてにこの作業をほどこして、木を組んでいきます。

組み終わるとこんな風に墨を入れて行き、この墨が、「高さ」の基準になるんです。

後は長さの墨を入れて、取り付けを造って行きます。

木を組む、こんな楽しい作業は、なかなか無いので、

棟梁・・・大好きな作業なんです(笑)

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です