玄関ポーチ

  1. ありがたい事に、先輩であるお客さんに、

了解を経て、棟梁のやりたい事をさせて頂きました。

20~40年前には、腕のある棟梁が、やっていたかも分かりませんが、

現在ではほとんど見なくなりました。

余談ですが、屋根屋さんももうすぐ終わります。

南京の桁、南京の柱

そして、南京のタルキ

棟梁、以前からこの仕事をいつかやりたかったんです!!

仕事の構想は、以前から計画していた通りに出来ました。

垂木の小口は、板金屋さんの志願で、

銅板で巻いてもらいます。

根本もきちんと、裏の掛けに彫り込んで入れてあります。

骨組が出来た所で、木小舞、化粧板と捨て野地を造ったら出来上がりです。

予定通りの出来栄えで、チョットだけ気分がいい棟梁です。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です