玄関ポーチ・・・柱根巻き

先日ご紹介しました、

玄関ポーチ

現場では、柱が建つ石を設置してきたので、

柱の長さを切って、風雨に耐えれるように、

柱の根元を、銅板で根巻きをします。

銅板で巻くのは、板金屋さんです。

棟梁の所では、下から15cmの所までこんな風に、約2㎜程、木を削ってここに銅板を巻いてもらいます。

巻くとこんな感じになります。

石との設置面の所が、どうしても痛むので、

傷まないように、こんな風に施工します。

完成後もメンテナンスフリーになるようにして置くのが、

気遣いだと思っていますよ。

ポーチの桁も墨を奇麗に洗い落として、外部用のニスを塗ります。

板金屋さん・・・うちのお客さんで南京桁、南京柱を使うのは、

棟梁の所しかありませんよ・・・

豊橋でも、見ませんよねって言っていました。

そうだね~~

いろいろありますが、棟梁はただ単に、立派になるからやりたいんです!!

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です