京都・・・北山杉の南京丸太

京都の北区にある、北山杉の南京桁と南京の柱を取りに行って来た棟梁です。

あさ、6時出発・・・

もちろん、助手である嫁さんと一緒です。

今日一日、曇りの予報だったはずが・・・雨でした!

創業50年を超える老舗の、問屋さんに到着!

棟梁が、わくわくするような物ばかりでした。

 

今度のお宅に使う、玄関ポーチの軒桁の南京と桁を支える南京の柱、

棟梁の気に入ったのもを数点購入して来ました。

いろんな物があることが分かったので、今度は遊びながら取りに行って来たいと思います。

しかし、ここの大将も、70歳だそうで、あとやっても5年だそうです。

どこも後継者はいなくて、丸太屋さんも、年々廃業していく人ばかりだそうです。

時代の流れ・・・かも分かりませんが、棟梁一人が頑張っても事は知れています。

30年前のように、日本家屋がもっと建てれるようにしないと、この材料を作る、山も死んでしまいます。

こればかりは、どこもが   永遠のテーマになっています。

材料を買いに行って来て、新しい宿題を頂いてきた気がします!!

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です