床の間編・・・

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

いよいよ、床の間編です。

ここのお宅は、鉄筋コンクリートのに住んでいて、

今の、床の間と神棚と同じように作って頂きたいとの事でしたので、

棟梁のアレンジを加えながら作っています。

5.5尺の幅の床の間です。

神棚を3尺取って残りは、掛軸が一本かかるだけ残しました。

ここに見えているのは、先日棟梁が加工した、ケヤキの材料たちです。

下げ束の元は、アリにして落ちないように細工しておきます。

その上の穴は、ここにステのカモイを入れて、取り付けを作っておきます。

この細工は次回わかると思います。

 

 

これで、5割くらいの出来上がりでしょうか。

次回はもう少し出来て来て、形が見えてくると思います。

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です