畳の下は、赤身の杉の床板で・・・

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

世間では、畳の下の床板は、コンパネが多いのですが、

棟梁の所では、昔から「杉の赤身」の床板です。

何故って、よく言われます。

湿気が多い日本では、ベニヤはどうしても長年の間い、

湿気で、ベコベコになってしまいます。

その点、杉の赤身の床板を使っておくと適度に湿気を吸って、

乾いてくると湿気を吐き出してくれています。

それでも赤身だから腐らない・・・これが何よりなんです。

 

 

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です