いよいよ・・・造作(内装工事へ)

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

台風も、行ってしまいましたが、九州地方では大変な被害が出ていて、

被災された方々には、謹んでお見舞い申し上げます。

さて、土壁もこのお天気で、乾いて来たので、今日から

造作(内装工事)に取りかかりました。

まずは。柱に被せてあった紙を取ると、

柱の顔が見えてきました。

みんなそれぞれ、いい顔を出しています。

大黒柱と飾り柱(ベボー)

この上にサッシが乗ります。

敷居の下のパッキンは通常1820cmで、真ん中一個ですが、

棟梁の所では2か所入れます。

最近の、サッシはペアガラスで、非常に重たいです。

長年の間に、この敷居が歪まないように、普通より細かく入れるのが、

加藤建築のやり方です。

見えなくなってしまう所を、キチンと仕事をしておくここが大事です。

後からでは、出来ないので・・・

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です