日本家屋の伝統構法

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

久しぶりに、建具のいい仕事を見て、まだまだ修行が足らないと感じた棟梁です。

古い建具が要らなくなって、ガラスと木の分別をしようと、

建具の解体をやり始めた所、建具屋さんの「伝統構法」を見る事がで来ました。

通常は、この面のどこかにビスで止めてあり、ビスを外すと細い桟が取れるのですが、

 

見つからなかったので、桟を動かしていると、こんな風に取れました。

 

桟をずらしていくと、取れて行きます。

 

こんな風に取れました。

 

後は、ガラスを外していくだけです。

 

ガラスを取るとこんな風に骨組みだけになりました。

この建具、30年前の物です。

建具屋さんも、技術を競い合ってくれていたんだなと、

びっくりした次第ですが、さて、今の若い衆にこのパズルが解けたか?

若い衆がいる時に見せた方が良かったのか・・・

棟梁も、日々勉強です!!

棟梁

長楽 加藤建築 ホームページはこちらicon15

http://www.nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です