番付け・・・柱の顔を見る

野物が終わり、二階梁、胴差(墨付け中)・・・柱と進んで来ました。

柱の顔を(向き)を決めるのは、棟梁に仕事になります。

毎回、限られた柱の中で、いい顔を見せるのが大変なんです。

十人十色とはよく言ったもので、一本一本表情の違う子達を、

上手く割り振って行くんです。

棟梁の目利きの力量が問われます!

管柱の番付け入れ終わりました。

この子達は、マグサ(カモイ、シキイ)になってもらいます。

大きな地震にも耐えられるように、しっかり耐震化しておきます。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です