出来る事は何でも・・・

なんにでも手を出したい・・・棟梁です。

新城の現場ですが、解体をした後の隣の既存宅の部分の

外壁を貼らなくては行けないんですが、急遽、ブロックを積んで、

外壁の下地を作る事になったんですが、

左官さんを待っているよりも、自分で積んだ方が早かったので、

棟梁、自らやりました。

ベースの型板を入れてブロックを積みます。

取合いの部分は角にセメントで盛って置き固まればOKです。

なんにでも手を出してしまうのがいけないかも分かりませんが、

このくらいなら、自分で出来、手待ちにもならずに仕事が進む事が一番です。

野物もだんだん出来て来ました。

棟梁激務に付き・・・大変です(笑)

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です