新たなる現場へ・・・準備

この子達の、表面に残っている皮を斫り機で剥いて行きます。

何故そんな事を・・・

リンゴやミカンでもそうですが、皮と身のの間の所が一番おいしいのではないでしょうか!

木も一緒で、表面の皮と身の間に、そのままにしておくと小さな虫が卵を産んで、表面の部分を食い散らかします。

当然、食われるとぼそぼそになってしまうので、食われる前に、皮を剥いておいて、入られないようにします。

その為に、皮を剥いておくんですよ!

大きな梁たち・・・上

小さな子梁たち・・・下

12mの中桁もきれいに皮を剥いておきました。

皮を剥いて、刻むまで乾燥させます。

まだ割れていませんが、自然の乾燥で割れてきます。

含水率も下がってくるので、木自体の重さも軽くなって行くんですよ。

このまま、2か月は放置使う頃には、いい感じに完走してくるでしょう!

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です