本物の桧の野物(小屋組み)

この次に、施工させて頂く現場の野物が続々と土場に搬入されます。

先日、地元石巻の山から切り出した、ヒノキの野物も製材をされて、

納品されてきました。

まだ、全体の3分の2程なので、土場が埋め尽くされます。

皮を剥いて、しばらく乾燥させます。

刻みだすのはまだまだ先の話です。

しかし、いつ見ても太いですね~~~棟梁の指が(笑)

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です