山の恵みとプロの指導に感謝!

今日、お客さんの山へ・・・

木を伐りに行って来ました。

前回は、木こりさんに伐って頂きましたが、

今回は、木こりさんのご指導で、棟梁も初めて木を伐る事が出来ました。

根廻りで棟梁が抱きかかえる事が出来ないくらいの太さの木です。

自分で切って、動画の撮影は出来ませんでしたが、

慎重に、慎重に無事に伐る事が出来ました。

この子達、次のお客さんの所に使わせて頂きます。

棟梁の伐った木は4本この裏の子達です。

片方に枝が張っているために倒したら枝の強さで立っていました。

この子達は、新城の昭典木材さんの製材所に行って矢ずりにして、

棟梁の所に戻って来ます。

さ~て木を伐ったのはいいんですが、ここからです!!

使える所を運んだ後のこの枝達を、このままにしておくにもいかないので、

山に返して、肥料になって頂きくしか無いので、重機を持って来て、

山に返します、この作業が大変なんです!!

30~40年前は木の値段も高値で売れたんですが、

今は、安すぎでこの費用まで、木を売っても採算が取れません。

なので、100年も経った木でも大した金額にならないので、

木を伐るのをあきらめざる終えません。

国土約70パーセント占める、森林をもっとうまく活用できるようになれば、

木こりさんの生活も出来るようになって、外国から木を輸入しなくて、

日本の木だけで家が建つような気がするんですが・・・

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp

ながら・加藤建築(動画)

  桃・栗3年・家100年   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です