この作業で・・・家の顔が決まります!!

この作業で・・・家の顔が決まります!!

どんな作業???

最近では、柱が見えない・・・違いました、見せないでしたね。

なので、大げさな事を言うと、柱になれば何でもいいという事になります。

棟梁は、そんな家を造りたくありませんので、ヒノキの一本の木から製材をして、

天然乾燥をさせた木を使います。

何年も乾燥させる為、ねじれ、曲がりなど使えなくなる子達もいますが、

その子達は、違う所に使っていきますので、ご心配無く。

木を一定の大きさに削ってから、この子達に適した場所に配置します。

この事を「番付」を入れるって言います。

要するに部屋の入口だったり、和室の見える所だとか、

家の部屋の場所、場所に一本一本見極め、番号を振って行きます。

 

番付

右側の図面に番号が振ってありますが、この子達が行く場所の番号です。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 844F5E22-7982-402E-908E-73170E8032AF-1024x768.jpeg です

この子達が、出番を待っています。

この子達に番号を振るのが棟梁の仕事です!

この作業で・・・家の顔が決まります!!

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

ながら・加藤建築(動画)

番付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です