刻み

本来やっている事をアップしますね。

今日は、本桁の刻み・・・

最近は、人の手で刻む(墨を付けて加工する事)がめっきりしなくなりました。

棟梁の所では、山から出して来た木を墨を付けて、手作業で加工して、

組み立てて行きます。

これが本来の大工のあるべき姿だと思います。

ここに書いてある墨通りに加工します。

手作業と言いながら、機械を使っての加工です。

墨通りの9割、木が削れたので、後は鑿で取ります。

指先の隅まで取ります。

全体がこんな感じです。

鑿で綺麗に取るとこんな感じ仕上がります。

一つ一つ、こんな風にして加工していきます。

墨を残して、加工する加減など、墨一本って感じですが、そこが一番大事な所です。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

ながら・加藤建築(動画)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です