筆入れ

筆入れ・・・刻んだ野物に誰が見ても高さが分かるように、

数字を墨で書きこむのが、棟梁の仕事です。

このように高さの基本になる、墨の上に「さんずんした」と書き込みます。

これなら職人さんが見れば一目で高さが分かります。

右の二本は中桁デス。

このお宅の小屋組みの中心的な存在になります。

この子たちは梁の上に組む「隅梁」45度に入れるので家のねじれを止めてくれます。

隅梁は今では、ほとんどの大工さんは入れません!!

悲しい事ですが、家を長く持たせるには、家全体の歪みが出ないように、

大工が工夫して小屋組みを考えます。

ここの違いが、長く家を持たせる事の違いになって行きます。

メーカーさんには出来ない事です!!

皆さん・・・よ~~く見ていてくださいね。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

ながら・加藤建築(動画)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です