大黒柱・女大黒

棟梁の建てる家には、必ず「大黒柱、女大黒」が入ってい    ます。

親父からの口伝で、一軒の家が繁栄する基本は、

お父さんがいて、お母さんがいる。

夫婦ともに白髪の生えるまで、仲良く、次の世代にバトンタッチ出来るのが理想、

そんな思いから、大黒柱であるお父さんがど~~ンと構えて、お母さんがサポートする。

家もその通りで、家の荷重、横風などの自然の大きな力を「大黒柱」で支える。

「女大黒」がサポートする役目を担っていきます。

時代が違うと言えばそれまでですが、姫路城でも二本mの大きな柱で支えている事を、ご存知だと思いますが、

お城に限らず、大きな柱(大黒柱)のある建物が長く建っていますよね!

意味のある柱だからこそ大事にしたい、そんな思いもあって棟梁は入れ続けます。

9寸(27cm)の大黒柱、7寸(21cm)の女大黒

大黒柱は、9年物、女大黒も8年物、じっくり自然乾燥させたものです。

両方とも癖が出ているので、四角くなるように、木取ると言いますが、

正方形になるように、削ります。

ここからが、家造りのスタートです。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です