家らしくなって来て・・・

先日、建前をした豊川のお宅

少しづつではありますが、形になって来ました。

屋根屋さんもこの雨が無ければ、あらかた終わっていたんですが、

大自然にはかないませんね。

このお宅、お客さんのご意向もあり、

「土壁」を塗ります!

柱と柱の間に貫きと言うものを入れて行くんです。

これが結構揺れに強いんですよ。

100年以上前の古民家には、筋交いなんてありません!

この貫き(ぬき)にも細工をして揺れを止めていました。

先人達の知恵、今も工夫しながら生かしてあります。

明日から、竹小舞を支度していきます。

四季を感じられる家が少しづつ出来て行きます。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です