組む!! これが本来の大工の姿です。

さっこん、こんな風に野物(小屋組み)を組む所は、

ほとんど見なくなりました。

しかし、棟梁は、やる続けて行きたいと思っています。

家の構造、造作の簡略化が進み、大工の技術も廃れる一方になって来ました。

いつかそんな時代が来るのでは・・・そんな思いですが。

棟梁は、本物を求め続けて行きたいと思っています。

それを支えて下さる、お客さんもいてくれるので頑張ります。

この技術、まだまだ捨てたもんじゃありませんよ!!

出来なくなってくると、必ず、棟梁のようにやっている大工を探される、

人と同じ物を、造らないようにしています。

まさに、オンリーワンのお宅がそこにあります。

そんな家造り、棟梁と考えてみませんか!

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です