材料の吟味・・・小屋組み

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

これから始まるお客さんの材料を吟味させて貰いたく、

材木屋さんに行ってきました。

三河の桧の野物(小屋組み)になります。

屋根の荷重を支える左側の木(中桁)

右側の木は振れ止めになる(桟)

2本とも10mを超える1本です。

左側の上と下の木は、隅梁(斜め部材で屋根組のねじれを防ぎます)

右の2本は梁になります。

棟梁のごつごつとした手で、見てもらえると大きさが分かりますね。

どの子も赤身の張った良い木達ばかりです。

野物で組む、今の時代、よく時代遅れだと言いますが、

建物を建てる、基本な形です!!

その基本を今一番わかって頂いているのが、

「外国の方々です」

この技術を次の時代に残したいのですが、

大工になろうとする若者もいないのが現実です。

愚痴を言っていても仕方がありませんので、

棟梁は、どんどん走って行きたいと思います。

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です