神棚・・・白木で

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

以前から頼まれていた、神棚の板をようやく作りました。

30cmを超える幅の板はなかなかないので、

分からないように、16cm位の板を2枚つなぎました。

皆さん、どこで繋いであるかわかりますか⁉

板が、赤身なので、分かりにくいと思います。

棟梁が教わって来たのは、神棚の板は桧でやるもんだと教わったので、

出来るだけ桧に拘ってやっています。

 

長さ45cm

幅を33cm

 

こうやって見ると繋いであるのが分かりますか。

よ~~く見て見てくださいね。

こんな事も出来てしまいます。

施工はだれがやるの・・・???

もちろん、お客さんなんです(笑)

板をもって行って、やり方を教えてやってもらいます。

棟梁は、板のお金を頂くだけです。

そうなんです・・・やってもらえるお客さんにはやってもらっています。

本人もやる事を楽しんでやってくれているのでそれでいいんです。

後の、出来栄え検査は厳しいですけどね(笑)

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です