名前が重要です。

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

この家が出来たのが、棟梁が7歳の時だったと思います。

かれこれ、43年前の事です。

以来、我が家には「表札」なるものが存在しませんでしたが、

ある方から、ご指摘を受け、家の看板である名前を出した方がいいですよ・・・と

アドバイスを受けて、習字がへたくそな棟梁ですが、思い切って書いてみました。

これが出来るまでには、結構で苦労したんですよ。

カンナ掛けをした板に墨で書いたんですが、乾く前に墨がにじんでしまい

何回も書き直したんです。

ある方からアドバイスを頂き、板に白いチョークを薄く塗って、

濃い墨で書くと滲まないと思うよ・・・とアドバイスを受けてやって見ました。

やっぱり上手に出来ませんでしたが、味のあるいい表札が出来ました(笑)

筆は、地元豊橋筆の「嵩山工房」の作品です。

まだまだ、筆に腕がついていかないので、

練習します。

昔から、棟梁って字のうまい事が否めないですよね・・・

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です