40年前の物が、こんなに奇麗になりました。

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

台所のフローリング、新品とはいきませんが、

こんなに奇麗になりました。

40年の生活の年輪までは落とす事が出来ませんでしたが、

お客さんには大変喜んで頂きました。

 

40年の思い出が詰まった、ヒノキのフローリングです。

ポリッシャーで研磨するとこんな風に表面が削れてヒノキの肌が見えてきます。

この作業を、全体にしたら、魔法の水をかけて乾燥させます。

この作業で、へこみなどが、少し戻るので、仕上げをするのに奇麗に仕上がります。

 

研磨してもどうしても取れないあくもあるので、ご理解の程よろしくお願いします。

 

朝から、一日かかって粗削りで終わってしまったので、

明日は、仕上げに取り掛かります。

お客さんにも大変喜んでやってよかったと思います。

 

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です