古きいい物はそのままで、今の物と調和する。

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

棟梁の地元も寒いですが、現場も寒くて、

お客さんがカイロを買ってきてくれて

本当にありがたい事です・・・感謝

さて、台所の床は、40年前の床板をそのまま使い、

床板がなくなった所は新しい床板で補っていく、

そんな工法をお客さんが望まれているので棟梁が実現しています。

40年前と今のフローリングでは、こんなに色の違いが出てきます。

以前、洗面所だった所です。

 

 

ここの一角は、トイレだった所です。

今度は、システムキッチンが出来ます。

ここから、棟梁だから出来る事が始まります。

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です