42年前に、こんなに凄い仕事がしてありました。

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

新城のリフォームのお宅で、解体作業が進む中、

ケヤキの床板を取り外そうとしていてなかなか取れないので、

思い切ってめくってみたら、なんとこんなすごい細工がしてありました。

お客さんにお聞きすると、当時の棟梁が何日もかかって、床を貼ったそうです。

 

 

ネタとネタの間に当時では、珍しくボルトを仕込んでありました。

なぜこんな事をするのかと・・・?

ケヤキと言う木は、あまりおとなしくなく、

このような板にしても、あばれれる可能性があるので、

ボルトを入れて、収縮してもメチから外れないようにとの事で、

入れたのではないでしょうか。

 

久しぶりに、いい仕事を見させて頂きました。

世間では、早く、早くやらないと・・・という風潮!

大工の技術もかなり低下しているのも確かです。

棟梁も負けずに、精進します。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

桃・栗3年家100年(大工のととのブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です