玄関に飾り棚を・・・

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

久しぶりに、玄関に飾り棚を付けさせて頂きいました。

やはり、取り付くと玄関が、豪華に見えてきます。

よく、何のためにつけるの???

と言われますが、昔はここに電話機を置いたり、

防災無線を置いたりしていたのを思い出します。

今では、やはり飾りでしょうね。

付ける方も近年、少なくなって来ているのも確かです。

まずは、仮組をして、このまま設置します。

根ホズには、コミセンの四角い穴をあけておきます。

 

飾り柱と、柱に板を差し込んで止めます。

 

先ほどの、穴にコミセンをさして、柱を固定します。

「伝統構法」です。

 

柱と天板が隙間なく取り付いたのでホッとしています。

細工は、伝統構法で作ってありますので、取れることもなく、

がっちりとしています。

捨て貼りの板を貼って、ヒノキのフローリングを貼れば、完成です。

 

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です