玄関の敷台、框の取り付け加工

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

残暑が残る・・・今日は暑かった~~

棟梁も汗だくで、現場です!!

現場はやっぱり気持ちがいいですね。

棟梁の仕事は、玄関の敷台、框の取り付け、

終わったら、下駄箱の天板の取り付けです。

さ~~敷台、框から・・・

ホールから見た玄関

左下に木の残骸が・・・敷台の入る所を取った所です。

こっちは、コンリートが出ていて、収まりがつくところまで、

撤去したところです。

 

框へ柱の癖取り

 

癖取りが終わり、刻みをかけた後です。

手前は敷台「カエデの400年物」

ここが大事なんです。

無垢の板は後からでも割れてきます。

なので、切った所は、必ずボンドを塗っておいて、

割れにくくして置きます。

反対側も、加工をしてからボンドを塗っておきます。

框には、このように切れ込みを入れておいて、

後の、仕事がしやすくなるように加工します。

この作業が一番大事ですね。

ここまでの、準備ができたら、取り付けです。

さ~~明日は取り付けです!!

腰痛めないように、気を付けます。

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です