桧のフローリングの貼り方

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

豊橋の現場も少しずつ出来て来ています。

若い衆の試練の場!!  頑張ってもらいたいです。

さて、床を貼るにあたって、ステバリ(化粧の床板の下にひく板)が

杉の赤身なんです。

この上に桧の無垢のフローリングを貼って行きます。

柱に切り込みを入れてフローリングが入る溝を造ります。

左のフローリングが、切り込みに入ります。

 

中ローカ敷居も入ってここからフローリングを貼ります。r

手前の床はもう出来ています。

 

柱と敷居もピッタリついています。

今ではこのような仕事が出来る大工も少なくなってきているますが、

棟梁は後世に技術を伝えるべく頑張ります。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です