合併浄化槽取り換え工事

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

棟梁も初めての経験でした!!

合併浄化槽を入れ替えて15~17年位だそうです。

浄化槽の下には底板がひいてあり施工は良かったと思われますが、

何かの拍子に、真ん中の継ぎ目が割れて、下の方に亀裂が入っていて、

そこから、水が漏れていて浄化槽全体がおよ10cm位下がってしまっていました。

汚物が入って来ても浄化された水が流れる事が無くただ水が地面の中に、

吸収されているそんな状況でした。

新規のお客さんで、棟梁のお話を聞いてくれていて、

すぐに入れ替えて欲しいという事で、棟梁もすぐに対応しました。

今の浄化槽の中の水を汲みとって頂き、回りを掘って行き出します。

周りを掘り終えて引っ張り上げました。

まだ、中に水が入っていて、亀裂が入っていた所から、

水が出ていました。

古い浄化槽を撤去してから砕石をひいて暑さ10cmX1mX2.6mの底板をセットして新しい浄化槽を設置します。

 

設置が終わったら、先に水をタンク内に入れて水漏れが無い事を確認して、

周りを埋めて行きます。

埋めながら、空気を入れるパイプを配管して、蓋の高さまで土で埋戻しします。

撤去から入れ替えまで、一日の作業です。

棟梁も水道屋さんと共に汗を流して設置を応援していました。

無事に終わってホッとしています。

そうなんですよ、棟梁に相談してもらえるとだいたいの事は出来てしまいます。

 

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です