地道な作業から銘木材へ

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

銘木材を造る・・・

出来るまでの管理が大変なですが、仕上りが良いとその苦労も報われます。

この白くなっちるのが、木工用ボンを水で戻して取って行くんです。

なんでこんな事を???

生木のままで乾燥させると、木目を言われている所が、

とにかく割れてしまいます。

その割れを防ぐために、ボンドを塗ってそこからの乾燥を防ぎます。

実際、乾燥して行く所を作ってあるので、そこからじわじわと水分を抜いて行くんです。

そこに、乾燥させる時間がかかるんです。

棟梁が聞いて来た口伝は、

「1寸(3cm)一年以上」

9cmあれば4年は最低でも乾燥するのにかかると言う事ですが、

実際は、7~10年くらい乾かさないと使いません。

ちなみにこの木は15年乾燥させてあるので、文句なしOKです。

タオルがかかっている所の白くなっているのが、木工用ボンドなんです。

 

竹のヘラ、釘、マイナスドライバーなどを使っていき、

取って行くと、こんな風に綺麗になります。

これが天然の木の木肌です。

 

この子が、玄関の敷台になります。

「楓」の木、樹齢は300年を超えています。

 

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です