銘木材の加工編・・・

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

先日、製材所で製材して来た材料、家にある材料などなど、

銘木材の加工が始まりました。

床の間の床板の切だしから、

左側の黒い墨を基準に板の幅を決めます。

幅を決めるとこんなに広い板になりました。

2尺6分(62.3cm)

この木の名前は「せん」の木です。

まだまだ材料をだしただけです、

加工がこれから始まります。

玄関框、下の木は下駄箱になる天板です。

棟梁の所では、玄関に敷台と框がはまります。

見た目はこんな風な感じになります。

 

 

こんな玄関を最近では造られなくなりました。

しかし、棟梁の所では、これが普通なのですが、

世間では、違うようです!!

木の良さ、風合いをもっと知って頂けると、

日本家屋の良さがもっと伝わるのかな?

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です