和室の天井の柱の細工

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

和室の天井貼り、

今では、ほとんどやらなくなった、

「竿天井」貼りです。

今回、部屋の大きさが、12畳あり少し技術が入ります。

柱には、袴掘りにして柱と台輪の両方を取るという、

昔ながらの、工法です。

この上に台輪が乗って行くんです。

きっとこの説明でも分からないと思いますが、

加藤建築では、見えなくなる所ほど、きちんとした仕事をして置きます。

10年〜20年後のことを考えて仕事します。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です