床の組み方・・・

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

ゆっくりですが、確実に、出来上がって行きます。

これが本来のやり方なんでよ。

なんにも無い所に、

尾引(ネタを支える物)入れます。

尾引の上にネタを入れます。

上に乗っているのが、45mmx45mm角の普通の根太です。

棟梁の所では、45mmx90mの根太です。

丈夫さが全然違いますよね。

厚みは一緒なんですが、幅が違います。

 

なんといってもこれが大事!!

床鳴りする原因を、作らない・・・ここがミソです。

 

10mmのネジを、床下のコンクリートから引張って、尾引が小さくなっても対処できるように、

初めから、細工しておきます。

長年の間に、木が小さくなって「カタコト」おたが鳴る様になったら、

床下に潜ってこのねじを締めれば床は、鳴らなくなります。

出来る事(想定できる事は)前もって対処しておくことが、

ながら・加藤建築の口伝です!!

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です