樹齢は150年を超えています。

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

なかなか、落ち着いて仕事が出来ない棟梁です。

嬉しい事に、少しづつですが、お仕事を頂けるようになり、

お客さんに感謝の言葉しかありません。

しかし、棟梁の体は一つしかありませんので、

ご理解のほどよろしくお願い致します。

さて、刻みも小屋組み(丸太)も終わり、本桁、母屋、土台などの、

角物になって来ました。

棟梁は、本桁を墨をしています。

この大きさを比べて下さい。

高さが30cmX幅12cmX長さは8mあります。

ほとんどが、赤身なので本当に大きな木です。

この子たちは、6.2mあります。

節が出ていますが、もし無節だったら、

9寸角が取れるような木ではないでしょうか?

ここのお宅は、土台、柱、桁、野物、天秤、桟、母屋、束、屋根垂木、野地板など、

オール国産の桧の家です。

土壁も塗ります、

桧の匂いに癒される家になると思います。

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です