基本はここから・・・

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

野物に取りかかり、ワクワクしている棟梁です。

さて、いよいよはつり(皮むき)も終わり、かな場取り

木の垂直を出す鉋削りをしています。

この作業・・・何かって言いますと。

小屋組みの木を組む時に、木と木が組み合わさる所を、

全て、水平器を使って水平になる様に削って行きます。

 

「これがすべての始まりです」

 

水平器を置くとこんな風に水平になる様に削ります。

 

実際は、この面が垂直になります。

建物は、水平垂直が、基本ですので、この原始的な方法が一番狂いが無くて、

木と木を組み合わせても、ガチッと組み合わさります。

こんな地道な作業があって、大きな丸太が組み合わさって行きます。

 

棟梁

ながら・ 加藤建築のホームページはこちら

     https://nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です