基本は根太組

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

耐震の壁も出来上がり、床組に取りかかった棟梁です。

二階の和室だった部屋が随分と様変わりして来ました。

筋交が少ない代わりに、合板を貼って耐震性を増しました。

 

畳みだった床を桧のフローリングにやりかえます。

その下地のネタ組です。

棟梁の所では。根太の大きさがこれです。

幅が、90mm

 

 

厚さは44mmこれだけあればビクともしません。

安心して頂けます。

この根太を30cm間隔で敷き詰めて、床を貼って行きます。

もともと、壁が多かったので、良いとは思っていましたが、

やはり、「耐震性」を高めるために合板を張りつめました。

 

しっかり、北からの灯りも取れて、良い感じの部屋になりそうです。

棟梁は、雑務に追われながら、このお宅は急勾配の階段を、

架け替えるための準備をしています。

外壁の塗装工事、このお宅のリフォーム工事、

お風呂の入れ替え工事、新築工事と、貧乏暇無しの生活をさせて頂いています。

明日は、野物(ものも)小屋組みが入って来ますのでその準備にも追われています。

地道に頑張っていますよ~~

 

棟梁

長楽 加藤建築 ホームページはこちらicon15

http://www.nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です