仏間(御霊様)・神棚

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

少し、健康に気を付けるようになって来た棟梁です。

昨日から嫁さんとウォーキングを始めました。

いつかみたいに、三日坊主にならなうように頑張ります!!

 

さて、リフォームにお宅、またまた、工事が増えてしまって、

ふ~~~ん頑張ります。

床の間に続き「御霊様」・「神棚」も出来上がって来ました。

今の寸法より、今回は少し幅を15cm広く取りました。

床から80cmの高さに中鴨居を入れてこの上に3段の段を作ります。

 

神棚は、御霊様の最上段の高さより少し高くしてあります。

床の上に一段台を載せて頂き、お社を乗せて頂くと御霊様より少し高さが高くなります。

神様と、ご先祖では、神様が少し高くないといけないと、棟梁も教育を受けて来ました。

押入れ部分は、杉板を貼って物を入れて、物の出し入れの時に、

壁が左官さん仕上だと、こすれて取れてしまう事を想定して板張りにしました。

これで湿気も取ってくれるし、匂いも良いでしょうね。

棟梁の拘り、ご近所で評判らしい・・・

いい意味に取って頂きたいもんです。

 

棟梁

長楽 加藤建築 ホームページはこちらicon15

http://www.nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です