乾燥させるために・・・

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

材料を乾燥させるために、桟木を入れていた棟梁です。

さて、若い衆は現場・・・と言う事は棟梁一人での作業です。

 

製品市場から荷物が届き、乾燥していると言っていましたが、

やっぱり桟木を入れて乾燥させます。

img_%e6%a1%9f%e6%9c%a8

桟木の間に空気を入れるようにして、水分を飛ばして乾燥させます。

このサイズ(120X30)なら半年もすれば乾燥すると思います。

 

img_%e3%81%95%e3%82%931jpg

 

続いて、化粧材。

窓枠になったり、いろんな用途があるので、

節の無い良い材料です。

この子達も、乾燥しているとは言え、

やっぱりこのように桟木を入れて乾燥させます。

 

img_%e6%a1%9f

シートの中にしまって、使うのは半年以上たってからでしょうね。

 

img_%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%8e1

材木屋さん、市場から購入しても、

乾燥させた日付を書いてある訳もないので、

自分の目で、良い事を見てからお客さんの所に嫁入りします。

こんな事するのは、良い仕事をしたいからですね。

20年~50年経って結果が出て来ます。

やっぱり棟梁の所で施工して良かったと言われていだけです。

 

棟梁

長楽 加藤建築 ホームページはこちらicon15

http://www.nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です