敷台、框、床の間の加工

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

加工に追われている棟梁です。

地道にコツコツと頑張っています。

現場に行けない事がちょっとストレスを感じています。

作業ばでは、こんな感じに出来て来ています。

 

下駄箱の天板

電気カンナで、ゆっくり削って行きます。

 

仕上の鉋をかけるとこんな風にピカピカになります。

 

 

敷台、この子は、色々といじめられて育った事が分かります。

しかし、いい木目が出て来ました。

 

 

床の間の框

 

 

ここにエビ束を立てるとこんな具合になります。

 

 

 

色付けも終わり、ペンキ屋さんに塗装をしてもらいます。

製材をして、かれこれ14年経ってようやくお客さんの所に嫁入りします。

 

棟梁

長楽 加藤建築 ホームページはこちらicon15

http://www.nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です