床の間の板の加工

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

銘木材の加工が始まりウキウキしている棟梁です。

昨日、材料を出して終わり、今日から加工が始まりました。

この作業、昔は、銘木専門の加工屋さんと言う人がいて、

加工していたんですが、さっこん銘木を使う人が激減して、

加工屋さんの高齢化もあり、加藤建築では、十数年前から、

自分で加工しています。

なので、普通に出来ない事を、普通にやっています。

まずは、水平器で、平行の墨を出して、

電気カンナで削り落として行きます。

 

この墨通りに電気カンナで落として行きます。

 

時々、板が真直ぐに削れているか確認します。

荒削りが終わると鉋で削ります。

ピカピカでしょ・・・

 

 

昔は、のこぎりと際鉋と鑿で加工したそうですが、

今では、機械で加工します。(アリ残の加工)

見て頂くと分かりますが、

アリ残を取り付けて調節(堅く造ると)が悪いと、

板が曲がって行ってしまいます。

バッチリ真直ぐになるように出来ました。

 

1820mmの長さの板に4本のアリ残を取り付けて今日は終了しました。

 

ひとまず、ここまで。

 

明日は、敷台、下駄箱の天板の製材・・・

どんな木の杢目が出て来るか、

製材してる使えなくなるか、分かりませんが、

楽しみに製材して来ます。

 

棟梁

長楽 加藤建築 ホームページはこちらicon15

http://www.nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です