天井画・・・鳳凰

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

鳳凰の天井画を見に行って来た棟梁です。

昨日、行って来ました。

何処にって・・・

お隣、静岡県浜松市北区三ケ日町

「大福寺」さんへ

自宅からは、たった30分でした。

ほんと近かったです。

斎灯サトル さんが描かれた鳳凰画圧巻でした。

斎灯さんご自分で、歴史に名前を残しました・・・と

天井画、日本の絵師が残した数が一番だそうです。

これからもその記録が塗り替えられそうだそうです。

一般的には、このような龍の絵をかく事が多いそうです。

 

しかし、歴史のある、このお寺は鳳凰にゆかりがあるようで、

龍よりも鳳凰の天井画に決まったそうです。

この絵が、大福寺さんの本堂の奥の天井に描いてあります。

15畳ある「鳳凰」の天井画

ず~~と見とれていました。

畳の上にねっ転がらないと写真が取れませんでした。

住職の講和と斎藤さんのお話しが終わると、

10分間で、この鳳凰と観音様を描かれていました。

初めて見た絵・・・感動でした。

昔は、あまり興味もなかったんですが、

四神に興味を持ったり、神社仏閣にすがるようになったのも、

少しは、感謝している事を思うようになれたからでしょうか。

まだまだ、修行の毎日ですね!!

棟梁

長楽 加藤建築 ホームページはこちらicon15

http://www.nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です