新しい現場に入るための準備

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

難しい納まりには、立ち向かっていく知恵が必要だと思った棟梁です。

さて、新しい現場が始まります。

今回は、リフォーム工事です。

お客さんとの出会いは、完成見学会なんですよ、

そ~ですね~~

4~5年前になるでしょうか?

少し、記憶がないんです。

来ていただいたお客さんに、タオルを持ってお礼に行った時に、

お話しさせて頂いたくらいで、後は、お盆とお正月に会う事もなかなか無く、

月日が流れて、でも、見学会をする時には、来て下さるそんな関係でした。

いよいよ、本腰を入れられて、やる事になって、来ていただいたのが、

今年の2月頃だったと思います。

その頃は、棟梁、物凄く忙しくて、順番に入れといてくれん・・・と、

お客さんに言われて、今に至ります。

待って下さり、本当にありがたい事です・・・感謝

 

まずは、農家さんなので荷物の出荷が出来るようにと庇を出して、

そこへ、荷物を引っ越ししてからの、解体工事になります。

 

庇を作るのにあたって、まずは穴掘りからです。

柱石を据えるための穴です。

50cm角位に穴を掘って、

深さは、約30cm・・・穴掘るだけでへろへろで、

腰がヤバイです。(もうすぐお世話になります)

この作業が昨日までです。

今日は、桁を入れて、

 

垂木を入れて、終ってしまいました。

狭い所に、無理やり造っているので、

いろんな所の納まりの工夫が必要になって来ました。

ほんとに、こう言う工事が難しいんです!

明日朝一で、豊川の現場(数寄屋門)で、左官さんとの作業が待っているため、

終ってから最後の仕上の作業をします。

来週から、解体工事ですが、棟梁・・・五輪で忙しくなり段取りで終わってしまいそうです(笑)

 

棟梁

長楽 加藤建築 ホームページはこちらicon15

http://www.nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です